シプロフロキサシン錠 服用

シプロフロキサシン錠
〈徴候〉
表在性皮膚伝染病のような二次感染、深い着席する皮膚伝染病、リンパ管、リンパ節炎
慢性的な膿皮症、怪我、火傷、そして、活動傷(乳腺炎)肛門周囲膿瘍、咽頭、喉頭炎、扁桃腺炎
深刻な気管支炎、肺炎、慢性呼吸器障害の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性徴候)
副睾丸炎(副睾丸炎)、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、伝染性の腸炎、バルトリン腺炎、子宮内感染症
付属器炎、涙嚢炎、豚小屋、足根腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、炭疽菌

使用と服用シプロフロキサシンとして、通常かつて口で100-200mgの大人を1日につき2〜3回与えます。
そのうえ、適切に伝染病と徴候の種類に従い増減します。
炭疽菌のために、日に2回シプロフロキサシンとして口でかつて400mgの大人を与えます。

使用と服用と連携した使用の注意

1.一般に感度を確かめて、このエージェントの使用において抵抗するバクテリアの表示を妨げるために
病気の治療において、必要な最小限の期間の間に投薬量のためにそれを去ります。
2.幼児の炭疽菌のために、アメリカの疾病管理センター(CDC)が15mg/kgの重さ
(しかし、大人の服用を上回りません)をかつて日に2回シプロフロキサシンとして口で与えるよう、勧めます。
3.炭疽菌と進展制限の始まりのために、アメリカの疾病管理センター(CDC)は、60日の投薬量を推薦します。