シプロフロキサシン錠 禁忌

シプロフロキサシン錠
使用の注意慎重な管理(慎重に次の患者にそれを与える)
1.アレルギー性徴候(例えば気管支喘息、発疹、人自身または両親への蕁麻疹)を
引き起こすために簡単である体質がある患者
2.血中濃度はとても忍耐強いです[腎障害がそうである高さで、中で高さは続きます。
服用を減らしさもなければ、開いて、投与間隔を使います]

3.けいれん性疾患(例えば癲癇または患者)[これらの過去の歴史による痙攣は
引き起こされる場合があります]

4.辛抱して重症myasthenicaを悪化させます

5.高齢者「高齢者への投薬量」

6.患者を引き起こす場合があります[QT拡張を引き起こすかもしれないQT拡張。(q.v.)]「重篤な副作用」)

インタラクション
インタラクションの概略シトクロムP450 1A2(CYP1A2)を妨げるので、この錠剤はこの酵素で
新陳代謝する薬の代謝を妨げて、血中濃度を上げるかもしれません。

組合せに禁忌です(一緒にそれを使いません)

1.薬名**ケトプロフェン
オルヂス
カピステン
臨床症状(Because痙攣が受ける場合がある案方法)は、一緒にそれを使いません。
メカニズム、ヌー・キノロン抗生物質のGABAAレセプターへの抑制アクションがそうである危険因子は
そばに組合せを補強しました、そして、痙攣が引き起こされると思われます。
これらの過去(特に腎障害患者)の歴史で、癲癇または患者のようなけいれん性疾患で気をつけてください。