シプロフロキサシン錠 組合せ注意

シプロフロキサシン錠
2.薬名チザニジン塩酸塩テルネリン
臨床症状、7回案方法、10回各々AUC上り坂とチザニジンのCmaxは血圧が衰えるというレポートのそれです。
眠気、めまいは現れました。チザニジンの作用を増加させるかもしれないので、一緒にそれを使わないでください。
メカニズム、危険第I因子はチザニジンの肝臓で代謝を妨げます。
そして、チザニジンの血中濃度を上げると思われます。

組合せ注意(組合せに注意する)
1. 薬名に関しては、それは**テオフィリンAminophylline水和物です
臨床症状、テオフィリンの案方法Cmax 17%は、AUCの22%が各々上がったというレポートのそれです。
テオフィリンの動作を増加させるかもしれないので、一緒にそれを使うとき、テオフィリンを減らして
適切な処置をします。
メカニズム、危険第I因子はテオフィリンの肝臓で代謝をコントロールします。
そして、クリアランスを減少させると思われます。肝障害(特にお年寄り)患者で気をつけてください。

2. 薬名に関しては、それは**カフェインです
臨床症状、カフェインの案方法Blood濃度は、上がるかもしれません。
メカニズム、危険第I因子はカフェインの肝臓で代謝をコントロールします。
そして、クリアランスを減少させると思われます。
3. **フェニル酢酸塩系は、薬名Amfenacのような消炎香油ジクロフェナクを非ステロイド関連させました
プロピオン酸塩系は、消炎香油(しかし、ケトプロフェンと共にそれを使って、それを禁止します)を
非ステロイド関連させました
Loxoprofen
プラノプロフェン
ザルトプロフェン